買い物は満腹時にするのがコツです。

a0002_001257

スーパーやコンビニへ買い物に行ったら、あれもこれも美味しそうに見えてついつい買い過ぎてしまった……。そんなことを経験したことはありませんか? ダイエットを効果的に続けるためには、食べ方に気をつけることは当然ですが、食品の買い出しから保存法まで、食にかかわる全ての行動を見直すことが重要なポイントになります。

そこで、まず実践したいのが、買い出しのタイミングです。お腹がすいているときに買い物に行くと、どれもが美味しそうに見え、つい必要のないものまで買ってしまったり、試食に手がのびてしまったりするものです。食べたくて買ったものは、家に戻って食べてしまうのがオチですから、どうしても悪循環に陥ってしまいます。これを防ぐためには、満腹のときに買い物に行くことを習慣にすると解決します。また、すぐに食べられるものは衝動食いにつながるので、調理しなければ食べられないものを買うように心がけましょう。

もう一つの原則は、なるべく買い置きをしないことです。リストがあれば必要なものが一目で分かるので、買い物にはメモを持っていき、そのメモに書いてある品物以外は買わないルールを身に付けましょう。そして、なるべく買い物には歩いて行くようにしてみましょう。持つ量に限界があるので、余分な品物は買わなくなるはずです。また、徒歩での買い物のほうが運動にもなって一挙両得です。その他、財布には買い物に必要な金額しか入れないようにすれば、買い過ぎだけでなく、ムダな出費も防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加